長い地球の歴史の中で、気候は大きく変動してきました。恐竜が暮らしていた1億年前は、今よりとても暖かな時代でした。一方、地球上のほとんどが氷におおわれた非常に寒冷な時代もありました。実は現在もまた、南極や高山などに氷河が存在する「氷河時代」であることは、意外に知られていません。
 この特別展では、気候変動がおきる仕組みを紹介し、過去の歴史を振り返ります。気候変動により自然の様子がどのように変化してきたのかを、マンモス、ナウマンゾウ、ヤベオオツノジカなどの動物化石、大阪平野の地質資料、過去7万年の堆積物などの資料を中心にご紹介します。




最新情報をお知らせする予定です。

◯10/16 のべ25,394名のご来場をいただき無事閉幕いたしました。解説書は引き続きミュージアムショップまたはネットショップで購入いただけます。
◯8/11,13,14 南極の氷を展示いたしました
◯7/30 キッズマップ、小学生の秋の遠足用ワークシートが公開されました。「ダウンロード」から入手してください。キッズマップは会場でも配布しています。
◯中川毅 立命館大学 古気候学研究センター センター長による講演会「暴れる時代と暴れない時代:人類は気候の激変期をどのように生きたか」が開催されました
次回の特別展講演会は8/20高原光 京都府立大教授による「森の古文書:花粉化石に記録された氷期からの森の移り変わり」です。ご期待ください。
キッズパネルが追加されました。
◯7/16,オープンいたしました。会場の様子などは右のツイッターやYoutube大阪市立自然史博物館チャンネルからご覧ください
◯国立科学博物館からマンモス全身骨格が到着しました。搬入の様子はこちら(動画)
◯特別展のグッズも続々
◯年縞(ねんこう)標本が福井県より搬入されました。こちら













  でも情報発信しています。

氷河時代展 開催概要





観覧料

大人500円、高校生・大学生 300円
期間内特別展フリーパス 大人1000 円、高大生600 円

※本館(常設展)とのセット券は、大人700 円、高大生400 円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1 名を含む)、
 大阪市内在住の65 歳以上の方は無料(要証明)。30 人以上の団体割引
 あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です
 (セット券を除く)。
※大阪市立大学・大阪大学の皆さんはキャンパスメンバーズ制度によって学生証・職員証で割引料金で入場できます(教職員350円、学生210円)。

期間フリーパス

特別展会場受付にて期間フリーパスも販売しています


大人1000円 高大生600円

期間:平成28年 7月16日(土)〜10月16日(日)
  (特別展期間中)

※ネイチャーホールのみ入館可能です。
※本館の入館は別途料金が必要です。
※ご本人様に限りご利用いただけます。
 他人への貸与・譲渡はできません。
※カードをお忘れの際は、入場料をいただきます。

開催日

平成28年 7月16日(土)〜10月16日(日)

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(ただし、月曜日が休日の場合はその翌日)

※ 7/18(月・祝)、8/15(月)、9/19(月・祝)、10/10(月・祝)は開館
  7/19(火)、9/20(火)、10/11(火)は休館

主  催

大阪市立自然史博物館

後  援

日本地質学会日本第四紀学会日本植生史学会日本古生物学会大阪府教育委員会大阪市教育委員会

協  力

国立科学博物館国立極地研究所大阪大学学術総合博物館きしわだ自然資料館立山カルデラ砂防博物館

開催場所

大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール
(長居公園 花と緑と自然の情報センター2F)
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221 FAX:06-6697-6225

アクセス

地下鉄御堂筋線「長居」3号出口・東へ約800m
JR阪和線「長居」東出口・東へ約1000m

アクセスマップ

  GoogleMapで表示

みどころ

関連イベント

オープンセミナー

「全地球史を通しての気候変動」

46億年間の全地球史を通しての気候変動についてお話しします。現在は両極地方に部分的に氷河が存在していますが、恐竜たちが繁栄した中生代白亜紀は温暖で氷河が存在しない時代でした。その反対に地球全体が凍結したような状態(スノーボールアース)の時期もあったことが分かってきました。最近の研究からわかったことを紹介します。

日  時
平成28 年6 月18 日(土)午後1 時~2 時30 分
会  場
自然史博物館 集会室
講  師
川端清司(地史研究室)
対  象
どなたでも参加できます
参 加 費
無料(ただし、特別展入場料が必要))
申 込 み
不要、直接会場へお越しください
担 当 者
地史研究室 川端

「新生代第四紀の気候変動と大阪の地層」

約260万年前から現在に至る新生代第四紀は、氷河時代でもあります。この氷河時代の特徴は、寒冷な氷期と温暖な間氷期が繰り返し、環境が激しく変化したところにあります。大阪平野とその周辺に分布する地層のなかには、この氷期・間氷期の繰り返しが記録されています。大阪周辺の地層や化石から分かる、第四紀の気候変動や環境変遷を紹介します。

日  時
平成28 年10 月15 日(土)午後1 時~2 時30 分
会  場
自然史博物館 集会室
講  師
石井陽子(第四紀研究室)
対  象
どなたでも参加できます
参 加 費
無料(ただし、自然史博物館入館料が必要)
申 込 み
不要、直接会場へお越しください
担 当 者
第四紀研究室 石井

普及講演会

「暴れる時代と暴れない時代:人類は気候の激変期をどのように生きたか」

1991年、福井県の三方五湖の一つ水月湖の底に一年に一枚の縞模様を形成する堆積物「年縞」が発見されました。この縞に含まれた堆積物や花粉は、過去の気候変動や自然災害の履歴を探るための重要な手がかりです。何本ものボーリングコアによる調査を照らし合わせることで、年縞はおよそ7万年前まで遡ることができるようになりました。これはグリーンランドの氷床コアにも匹敵する、世界的にも重要な基準となる堆積物になっています。この年縞から解明された様々な成果について、その第一人者として研究を続ける中川毅さんから紹介いただきます。


日  時
平成28年7月16日(土)午後1時~3時
会  場
自然史博物館 講堂
講  師
中川 毅(立命館大学 古気候学研究センター センター長)
対  象
どなたでも参加できます
参 加 費
無料(博物館入館料必要)
申 込 み
不要、直接会場へお越しください

「森の古文書:花粉化石に記録された氷期からの森の移り変わり」

植物の雄の遺伝子を運ぶ役割をもっている花粉は大量に生産されますが、その本来の目的を達せずに湖や湿原に落下すると、何万年もの間、分解されずに保存されています。そのため、湖などの堆積物から花粉を取り出し、その種類や量を調べると、過去にどのような森が存在していたかを知ることができます。まさに、湖や湿原の堆積物は「森の古文書」なのです。この古文書を読み解く方法を花粉分析法といいます。約12万年前から1万5千年まえまでの約10万年間は現在よりも寒冷な氷期で,その後,温暖になり,人間活動も活発になり現在に至っています。森の古文書の解読によって明らかになってきた,このような気候や人間活動の変化による近畿地方の森の移り変わりを紹介いたします。

日  時
平成28年8月20日(土)午後1時~3時
会  場
自然史博物館 講堂
講  師
高原 光(京都府立大学 大学院生命環境科学研究科 教授)
対  象
どなたでも参加できます
参 加 費
無料(博物館入館料必要)
申 込 み
不要、直接会場へお越しください

「第四紀後期の日本の哺乳類の移り変わり -過去5 万年の変化とそれからわかること-」

現在の日本列島では、北海道と本州・四国・九州、それに琉球列島のそれぞれで大きく異なった哺乳動物相が見られます。後期更新世後半と完新世の化石記録から過去の動物相がどのように復元されたかを説明した上で、それぞれの地域での過去5 万年間の動物相の移り変わりを概観します。さらに、それをもとに、陸橋や氷橋の存在の有無など古地理の問題、この時期の環境変遷の問題、人類の渡来の問題、人類文化と哺乳類の移り変わりの関係、絶滅による生物多様性の激減の問題などを考えてみたいと思います。

日  時
平成28 年9 月24 日(土)午後1 時~2 時30 分
会  場
自然史博物館 講堂
講  師
河村善也 (愛知教育大学 自然科学系理科教育講座 特別教授)
対  象
どなたでも参加できます
参 加 費
無料(博物館入館料必要)
申 込 み
不要、直接会場へお越しください

子どもワークショップ

「『ひょうがじだい』マップ」

おおむかしは、恐竜、マンモス、大きな大きなワニが生きていた!展示室をまわって、今はいない生きものにであおう。あなたの発見をかきこんで、「ひょうがじだい」マップをつくるよ。


日  時
平成28 年7 月23 日(土)・24 日(日)、7 月30 日(土)・31 日(日)、8 月 13 日(土)・14 日(日)
午前11:00~12:00、午後1:30~3:00 (1 回約30 分・毎回同じプログラムです)
場  所
特別展会場・ワークショップスペース
対  象
どなたでも参加できます(小学生未満は保護者同伴)
参 加 費
無料
受  付
時間内はいつでも受付

「しましま地層・ぐるぐる年輪」

しましま、ぐるぐる、なみなみ…。ハカセといっしょに、地層や年輪をしらべてみるよ。地層や年輪が、むかしむかしのことを教えてくれるんだ。どんなことが発見できるのかな? ハカセに聞いてみよう。


日  時
平成28 年8 月6 日(土)・7 日(日)、8 月27 日(土)・28 日(日)
午前11:00~、午後1:30~、午後3:00~(1 回約60 分・毎回同じプログラム です)
場  所
特別展会場・ワークショップスペース
対  象
小学生以上(定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能))※小学生にぴったりの内容です
定  員
各回15 名
参 加 費
100 円
受  付
当日受付(各回15 分前より開始)

「ひょうき・したじき・かんぴょうき」

とってもさむい時代(氷期)、あったかい時代(間氷期)。その時代には何が生きていた んだろう。地球はどんなようすだったのかな。展示をじっくり見てみよう。時代をながい ながーい目でみたら、したじきをつくろう。

日  時
平成28 年8 月20 日(土)・21 日(日)、9 月3 日(土)・4 日(日)
午前11:00~、午後1:30~、午後3:00~(1 回約60 分・毎回同じプログラム です)
場  所
特別展会場・ワークショップスペース
対  象
小学生以上(定員に余裕のある場合は未就学児童も参加可能))※小学生にぴったりの内容です
定  員
各回15 名
参 加 費
200 円
受  付
当日受付(各回15 分前より開始)

子どもワークショップ参加の保護者の皆さまへ

・定員に余裕のある場合には、小学生未満のお子様もご参加いただけますが、必ず保護者の方がご同伴ください
・プログラムの内容と安全確保のため、定員になり次第受付を終了します
・途中参加はできません
・プログラムの終了時間は、お子様の制作ペースによって変わります
・高校生以上のプログラム参加や、お子様の付き添いで特別展にご入場の際は入場料が必要です

ギャラリートーク

展示を担当したさまざまな分野の学芸員によるテーマを絞った展示解説を、毎週土曜日に行います。

平成28 年7 月16 日(土)地質、7 月23 日(土)古生物、7 月30 日(土)地質、8 月6日(土)地質、8 月13 日(土)古生物、8 月20 日(土)昆虫、8 月27 日(土)植物、9月3 日(土)地質、9 月10 日(土)昆虫、9 月17 日(土)地質、9 月24 日(土)植物、10 月1 日(土)古生物、10 月8 日(土)古生物、10 月15 日(土)植物

 時間
午後12 時30 分~1 時
 会場
特別展会場(花と緑と自然の情報センター2 階 自然史博物館ネイチャーホール)
 対象
どなたでも参加できます
参加費
無料(特別展観覧料必要)
申込み
不要、参加希望者は開始5 分前までに特別展会場入口付近に集合してください。会場混雑時には、やむなく中止となる場合がありますのでご了承ください。
その他
テーマや担当学芸員は変更になることがありますので、あらかじめご了承ください。

その他関連行事

  「マチカネワニ化石の実物を見に行こう」

特別展「氷河時代」でも一部を展示する、マチカネワニの実物標本を観察しに、大阪大学総合学術博物館にいきます。マチカネワニとは、40 万年ほど前の大阪に生きていた巨大ワニで、ほぼ全身骨格が見つかった世界的に貴重な化石で、大阪大学のある待兼山から発見されました。展示室の標本を観察しながら、マチカネワニがいた頃の大阪の様子について、一緒に考えてみましょう。

 日時
平成28 年7 月30 日(土)午前10 時30 分~12 時ごろ(予定)
 会場
大阪大学総合学術博物館
 対象
どなたでも参加できます(小学生以下は保護者同伴)
 定員
30 名(定員を超えた場合は抽選)
申込み
往復はがき又は電子メール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp「@」は半角にして下さい)に、「マチカネワニ化石の実物を見に行こう」と明記の上、希望者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信用の宛名を書いて、7月20 日(土)までに届くように、博物館普及係へ申込んでください(博物館ホームページからも申込みできます
その他
抽選の結果や持ち物など、詳しい案内は返信でお知らせいたします
担当者
地史研究室 林


  「アビナン・ミュージアムの見学」

大阪市住吉区にある我孫子南中学校の中に「アビナン・ミュージアム」という展示施設があります。ここには校舎建設時に発見された7 万~10 万年前のナウマンゾウ・オオツノジカの足跡化石の複製や地層のはぎとり、当時の復元画、弥生時代から室町時代の土器・石器などが展示されています。大阪平野の過去の気候 や古環境を学びましょう。

 日時
平成28 年8 月19 日(金)午前10 時〜と午後2 時〜(どちらも同じ内容です)
 会場
大阪市住吉区 アビナン・ミュージアム(我孫子南中学校内)
 対象
どなたでも参加できます(小学生以下は保護者同伴)
 定員
各回30 名(定員を超えた場合は抽選)
参加費
無料
申込み
往復はがき又は電子メール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp「@」は半角にして下さい)に、「アビナン・ミュージアムの見学に参加希望」と明記の上、希望者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信用の宛名と参加を希望する時間帯(午前・午後・どちらでもよい)を書いて、8 月8 日(月)までに届くように、博物館普及係へ申込んでください(博物館ホームページからも申込みできます
その他
抽選の結果や持ち物など、詳しい案内は返信でお知らせいたします
担当者
第四紀研究室 中条


  「化石で見つかる動物の仲間を動物園で見よう」

氷河時代の日本には、現在では絶滅してしまって、動物園でしかみることができない動物たちがたくさん生きていました、天王寺動物園で、当館学芸員と天王寺動物園の飼育員とともに、化石でみつかる動物たちを観察しながら、氷河時代の大阪の様子について、一緒に考えてみましょう。

 日時
平成28 年9 月3 日(土)午前10 時~午後3 時30 分ごろ(予定)
 会場
天王寺動物園
 対象
どなたでも参加できます(小学生以下は保護者同伴)
 定員
30 名(定員を超えた場合は抽選)
参加費
無料(天王寺動物園入園料が必要)
申込み
往復はがき又は電子メール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp「@」は半角にして下さい)に、「化石で見つかる動物の仲間を動物園で見よう」と明記の上、希望者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信用の宛名と参加を希望する時間帯(午前・午後・どちらでもよい)を書いて、8 月28 日(土)までに届くように、博物館普及係へ申込んでください(博物館ホームページからも申込みできます
その他
抽選の結果や持ち物など、詳しい案内は返信でお知らせいたします
担当者
地史研究室 林
 共催
天王寺動物園


  「大阪層群の時代にあった植物」

大阪の周りの丘陵には大阪層群と呼ばれる約 300万年前~ 35万年前の地層が分布しており、たくさんの植物化石が見つかっています。それらの中には、メタセコイア、セコイア、フウなど日本から消滅した植物が多く含まれています。交野市にある大阪市立大学理学部附属植物園で大阪層群の時代にあった植物の生きている姿を観察し、過去の森を思い浮かべてみましょう。

 日時
平成28 年9 月4 日(日)終日 雨天中止
 場所
大阪市立大学理学部附属植物園(交野市)
 対象
小学生以上(小学生は保護者同伴)
 定員
50 名(定員を超えた場合は抽選)
参加費
中学生以上100 円、小学生は50 円。この他に高校生以上は植物園入園料350 円が必要
申込み
往復はがき又は電子メール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp「@」は半角にして下さい)に、「大阪層群の時代にあった植物」と明記の上、希望者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信用の宛名と参加を希望する時間帯(午前・午後・どちらでもよい)を書いて、8 月18 日(木)までに届くように、博物館普及係へ申込んでください(博物館ホームページからも申込みできます)
その他
抽選の結果や持ち物など、詳しい案内は返信でお知らせいたします
担当者
地史研究室 塚腰


  「火山灰」

大阪平野周辺に分布する大阪層群と呼ばれる地層は、新生代第四紀の氷河時代にたまりました。大阪層群には氷期・間氷期の気候変動が記録されているだけでなく、数十層の火山灰層が挟まれています。その中でも代表的な火山灰層である「アズキ火山灰層」を観察します。さらにアズキ火山灰層を博物館に持ち帰って、顕微鏡観察を行います。

 日時
平成28 年10 月1 日(土) 午前9 時30 分~午後3 時頃
 場所
千里丘陵方面(予定)と自然史博物館
 対象
小学4 年生以上(小学生は保護者同伴)
 定員
20 名(定員を超えた場合は抽選)
参加費
100 円、小学生以下50 円(友の会会員無料)
申込み
往復はがき又は電子メール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp「@」は半角にして下さい)に、「火山灰に参加希望」と明記の上、希望者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信用の宛名を書いて、9 月23 日(金)までに届くように、博物館普及係へ申込んでください(博物館ホームページからも申込みできます)
その他
抽選の結果や参加方法などは返信でお知らせします 雨天の場合は室内実習のみ
担当者
第四紀研究室 石井

行事にお申し込みの方へ

それぞれの行事の申込み要領をよく読んで以下に入力してください。また、博物館ホームページからの申込み以外にも、電子メールによるお申し込み(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp「@」は半角にして下さいができます。また往復はがきによるお申し込みも可能です。
(〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館普及係当て、返信の宛名もご記入の上、必須事項をご記入ください)。
行事に関する質問は大阪市立自然史博物館 06-6697-6221 まで、お問い合わせください。

■ 携帯電話のメールで応募する方へのお願い
博物館からお送りする行事の詳細に関するメールは通常500字程度になります。申し込みには、この字数を受信できるメールアドレスをご指定ください。また、着信拒否されている場合、当選メールが届きません。博物館のドメイン(mus-nh.city.osaka.jp)を登録いただくか、着信拒否の解除をお願いいたします。

各種ダウンロード

プレスリリース・チラシがこちらからダウンロードできます。
また、割引チケットをダウンロードし、プリントアウトして会場にお持ちいただくか、
携帯端末等でご提示いただければ、入場料が割引になります。
大人500円→400円、高校生・大学生300円→200円。
1枚(1回の提示)につき、1名様1回限り有効。
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方、市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料。

プレスリリース


  PDF (700KB)
チラシ

割引チケット


  PDF (470KB)
キッズマップ(見学用会場見取り図)
キッズマップ

キッズマップ(見学用会場見取り図)

【NEW】
  キッズマップ (PDF)のダウンロードはこちらから

キッズマップはたくさんのものがある会場を見て回るための見取り図です。小学校やクラブの団体見学の際にはどうぞ遠足のしおりなどにもご活用下さい。もちろん、見学時のメモにも。「キッズマップ」としていますが大人の方もどうぞご 活用下さい。

ワークシート

【中学生・高校生・大学生のみなさんへ】
特別展を見学しながら記入するワークシートです。 これを課題として持ちながら、じっくり展示を見ていただき、書き込んでください。各自でダウンロードして使用してください。なお、 このワークシートのご提示により、通常高校生・大学生の特別展観覧料300円が200円に割引になります。(小中学生は無料です)

【中・高・大学の先生へ】
特別展の見学を生徒のみなさんに薦めていただくことをお願いいたしますと共に、 夏休みの課題としてワークシートのご採用も併せてご検討ください。 ワークシートをダウンロードして、学校で印刷して使用していただくか、 送付申込書にて「ワークシート、解答と解説」をお申込みください。 解答と解説はデータでも送信いたしますので、その旨ご記入ください。

【小学校の先生へ】
特別展用のワークシートをご用意しました。グループワークなどに、キッズマップとともにご活用ください。

★ワークシート
小学生ワークシート小学生ワークシート
【NEW】

小学生のみなさん用

  ワークシート (PDF)のダウンロードはこちらから。

引率の先生へ

このワークシートは、小学生の皆さんが特別展示室内でグループワークなどを行うために作成しました。
特別展を見る前に「昔、大阪にいた生き物はどれか」を予想し、特別展の展示を 見て、確認します。予想と結果を楽しめる、事前学習にも使えるワークシートです。遠足などの参考にキッズマップも公開しています。
※ 通常、混雑期のグループワークは自然史博物館常設展では階段などでの安全確保のためご遠慮いただいております。今回、特別展会場に限定してグループワークをしていただけるようにしております。詳細はスタッフの指示に従ってください。


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe® Reader®が必要です。 お持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードし てください。Adobe® Reader®  Adobe® Reader®のダウンロードページへ

解説書

特別展「氷河時代」の内容がぎゅっとつまった解説書を
会場およびミュージアムショップにて販売します。

また、友の会オンラインショップでもお求めいただけます。

大阪市立自然史博物館友の会オンラインショップ
(発売開始 H28年7月16日~)