友の会読書サークルBooks

本の紹介「ゾンビ・パラサイト」

「ゾンビ・パラサイト ホストを操る寄生生物」小澤祥司著、岩波科学ライブラリー、2016年12月、ISBN978-4-00-029656-4、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20170616】
●「ゾンビ・パラサイト」小澤祥司著、岩波科学ライブラリー

 パラサイトとは、他の生物の体内または体表を生活の場とする生き物である。そんなパラサイトの能力の1つが、ホストを操りゾンビ化する「パラサイト・マニピュレーション」。パラサイトが宿主を乗り換えるために、現在暮らしている中間宿主の行動を操るのだ。本書ではそうしたゾンビ・パラサイトたちが続々と紹介される。ホストとなるのは昆虫であることが多い。が、私たち人間だって。知らないうちに。ねぇ?ネコが感染源のトキソプラズマは、全人類の3割に寄生しているらしい。果たしてトキソプラズマは、ゾンビ・パラサイトなのか?いまだ知られていないパラサイトだって大勢いるかも。今日のランチをどうするか、決めたのは自分じゃないかも知れない!

 お薦め度:★★★  対象:自信を持って決断しているひと、または、なかなか決断できぬひと


[トップページ][本の紹介][会合の記録]