友の会読書サークルBooks

本の紹介「蘇るコウノトリ」

「蘇るコウノトリ 野生復帰から地域再生へ」菊地直樹著、東京大学出版会、2006年8月、ISBN4-13-063326-0、2800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【早川友康 20061019】
●「蘇るコウノトリ」菊地直樹著、東京大学出版会

 コウノトリ放鳥から1年、一度絶滅した生き物を人里に放すという、かつてない取り組みが始まった。かつてコウノトリは地域住民から「ツル」と呼ばれ、日常の「害鳥」、「ただの鳥」、そして非日常のおめでたい「瑞鳥」として、状況に応じてあつかわれてきた。但馬の人々のコウノトリをめぐる聞き取りをもとに、人とコウノトリの共存のあり方を探る。

 お薦め度:★★  対象:人の生き物の関係に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]