友の会読書サークルBooks

本の紹介「蘇れ、ブッポウソウ」

「蘇れ、ブッポウソウ」中村浩志著、山と渓谷社、ISBN4-635-23000-7、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20050320】
●「蘇れ、ブッポウソウ」中村浩志著、山と渓谷社

 著者は現在信州大学教授。学生時代はカワラヒワを研究し、就職後はカッコウの托卵の研究で世界にブレイクしました。そんな著者が、サイドワーク的に15年にわたって続けてきたブッポウソウの研究をまとめた本。ブッポウソウについて知られていることはほとんど網羅されています。
 ブッポウソウは、長野県でも数えるほどしかいない。そんな中での研究は、労力の割に遅々として進まない。巣を見つけるだけでおおごとだし、15年かけて明らかになったのは、食性とプルトップの利用目的など、ほんのわずか。
 後半では、今まさに絶滅に向かっている日本のブッポウソウの現状が紹介されます。はたして数十年後もブッポウソウは日本で見られるんでしょうか?

 お薦め度:★★  対象:鳥に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]