友の会読書サークルBooks

本の紹介「ワタリガラスの謎」

「ワタリガラスの謎」バーンド・ハインリッチ著、どうぶつ社、1995年5月、ISBN978-4-88622-282-4、3000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20110826】
●「ワタリガラスの謎」バーンド・ハインリッチ著、どうぶつ社

 アメリカ合衆国メイン洲の豪雪、極寒、厳冬の森を舞台に、熱く語られたワタリガラスをめぐる謎解きの序章にあたる最初の3年間の記録である。このハインリッチ教授の下、その後も一大プロジェクトが立ち上げられ、成果を得て現在に至っているようだ。ワタリガラスの総てに迫る著者の執念が本書を生んだのだ!
 日本ではあまり馴染みがないが、「ソロモンの指輪」でローレンツが愛すべきペットとして語ったワタリガラスの野生の状態での生活誌がここでは解き明かされてゆく。死肉を食らう彼らは群れをなし森を放浪し、ねぐらを形成する。動物の死骸を前に食事への奇妙なためらい、わめき声にこめられた召集効果、群れの構成員の内実、綿密な調査と観察からワタリガラスの謎は好奇心を刺激してやまない。風と戯れ光の中で滑走する黒い船体、ワタリガラスをめぐる進化の道程も視野に入れた優れた自然誌がここある!

 お薦め度:★★★★  対象:自然界が繰り出すショーに参加してみたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]