友の会読書サークルBooks

本の紹介「うれし、たのし、ウミウシ。」

「うれし、たのし、ウミウシ。」中嶋康裕著、岩波科学ライブラリー、2015年7月、ISBN978-4-00-029640-3、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20151028】
●「うれし、たのし、ウミウシ。」中嶋康裕著、岩波科学ライブラリー

 本著は雑誌『科学』(岩波書店)などに連載されたエッセイをまとめたもの。さまざまな動物の行動を進化生物学あるいは行動生態学の視点から、どう理解できるのかについて考察した内容が中心になっている。全体的な流れはないが、読み切りのエッセイなので読みやすい。ただ、“ウミウシ!”を期待して手にとった人には不満が残るだろう。著者が訪問した各地の博物館・水族館の紹介は、生態学者としての視点で考察がされていて興味深かった。

 お薦め度:★★  対象:理系の大学教授の生態に興味がある人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]