友の会読書サークルBooks

本の紹介「ツバメ観察記」

「ツバメ観察記」孝森まさひで文・写真、福音館書店「たくさんのふしぎ」2004年3月号(第228号)、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【田中久美子 200404023】
●「ツバメ観察記」孝森まさひで著、福音館書店「たくさんのふしぎ」2004年3月号

 日頃、見慣れているはずのツバメ。あちらこちらの軒先を行きかい、ピーチクやってるのは、この季節どこかへ出かけるたびに見かけているが、あらためてこの「観察記」を見ると「ツバメってこんな顔してたんだ!」とか「ヒナは顔よりでかい口を開くんだ!」とか、知ってるようで知らないことばかり。
 巣作りの仕方から“渡り”までいっしょに観察しているような感覚で見れて、とっても楽しい!
 よっし、今年は近所のツバメの巣をのぞいてみよう!(フンをかけられないようにね!)

 お薦め度:★★★  対象:ツバメを見たことないという人はいないと思うので、子供から大人まで誰でも楽しめるでしょう。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]