友の会読書サークルBooks

本の紹介「闘蟋」

「闘蟋 中国のコオロギ文化」瀬川千秋著、大修館書店、2002年10月、ISBN4-469-23185-1、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【石田惣 20041022】
●「闘蟋」瀬川千秋著、大修館書店

 中国には闘蟋(とうしつ)という、コオロギの雄どうしを戦わせる遊びが古くからあ り、その歴史は1200年以上にもおよびます。闘蟋の文化に魅かれた著者は、中国 に通いつめ、あげくその道の老師に弟子入りするというフィールドワークにより、そ の風俗を臨場感たっぷりに描きます。
 最強のコオロギを手中にするがため、採集、飼育、トレーニング、果てはドーピング に至る、中国の男達の培ってきたマニュアル群。近代科学には及びも(思いも?)つ かない、コオロギの生態への深い洞察です。動物民俗学として完成度の高い一冊。

 お薦め度:★★★★  対象:秋の夜長に中国の路地裏をのぞいてみたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]