友の会読書サークルBooks

本の紹介「鉄学」

「鉄学 137億年の宇宙誌」宮本英昭・橘省吾・横山広美著、岩波科学ライブラリー、2009年8月、ISBN978-4-00-029561-1、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20100225】
●「鉄学」宮本英昭・橘省吾・横山広美著、岩波科学ライブラリー

 地球は鉄に満ちている、そして鉄を考えると地球の歴史、それだけでなく宇宙の歴史も知ることができる、という本書。「鉄」というキーワードを元に、「鉄」が私たちの生活、生物活動、地球や太陽系の創世、そして宇宙の歴史までをも知ることができるという刺激的な内容。
 ・・・のはずなのに、このつまらなさは何?読者を置いてけぼりな専門用語や解説。知りたい、と思うところをはぐらかす内容。少ない図表。著者のこれを書きたい、という思いは伝わってきても、これを読んで欲しい、という思いは伝わらない。同じ内容で違う本を読んでみたい。

 お薦め度:★★  対象:「鉄」って重要なんだなと知りたい人

【西村寿雄 20100223】
●「鉄学」宮本英昭・橘省吾・横山広美著、岩波科学ライブラリー

 私たちが日常的に目にする鉄は製品化された〈鉄〉である。鉄のおかげで数々の機器や建築物を手にすることができる。しかし、私たち人間の生命を司っているのも〈鉄〉、この宇宙から数々の紫外線を守っているのも〈鉄〉、大型生物が誕生した仕掛け人も〈鉄〉。鉄は生命誕生と地球誕生の担い手であることを説きほぐしていく。やがて、鉄は宇宙のどこでどのようにして生まれてきたのか、壮大な謎にこの本はせまっている。まさに137億年の宇宙誌である。

 お薦め度:★★★  対象:宇宙や生命のなぞ解きの好きな中学生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]