友の会読書サークルBooks

本の紹介「種子たちの知恵」

「種子たちの知恵」多田多恵子著、日本放送出版協会、2008年5月、ISBN978-4-14-040230-6、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20081223】
●「種子たちの知恵」多田多恵子著、日本放送出版協会

 根の生えた植物は移動できない。だが、種は巧妙に新たな世界を求めて移動し、時を超えて未来へも旅をする。自然を利用して、プロペラで(ユリノキ)、風で、川を流れて(ガマ)、色につられた鳥が食べて糞でバラマク(ナンテン)、リスや鼠が保存食として運び蓄え(ドングリ)、人にくっつき(オナモミ)、踏まれた靴の裏にひっついて(オオバコ)、美味しい部分(エライオソーム)を好むアリが巣まで運ぶ(スミレ)、パチッと弾ける力で飛ぶ(カタバミ)、など、など。花は知っていても、注意して見たこともない種をいっぱい(100種を超える)写真で示す。まさに種子図鑑だ。種を見つめると知恵の塊だ。庭のムクゲの種をゆっくり見てみよう。

 お薦め度:★★★  対象:花も、実も、種もまとめて愛したい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]