友の会読書サークルBooks

本の紹介「タネはどこからきたか?」

「タネはどこからきたか?」鷲谷いづみ著・埴沙萠写真、山と渓谷社、2002年3月、ISBN4-635-06337-2、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20030223】
●「タネはどこからきたか?」鷲谷いづみ著・埴沙萠写真、山と渓谷社

 地面に根を張って動けない植物も、タネのときだけは冒険が出来る。はじける、風に乗って、水に流れ、くっつき、動物、アリ、時には渡り鳥にのって地球規模で移動する。
 タネは、芽生えに適した環境・タイミングを慎重に選ぶ。春の芽生え。秋に根を出しても葉は冬を越してから。芽生えて冬はロゼットで越す。「すき間」が出来たら芽生え。時には数百年の眠りから覚めての芽生え。
 タネの寿命は永い。土壌に蓄えられたタネ「シードバンク」からの芽生えは、時には、既に消失していた植物まで復活してくる「宝さがし」の楽しみがある。しかも素晴らしい写真がいっぱい!
 
 お薦め度:★★★  対象:小学生から大人まで

[トップページ][本の紹介][会合の記録]