友の会読書サークルBooks

本の紹介「空を飛ばない鳥たち」

「空を飛ばない鳥たち 泳ぐペンギン、走るダチョウ 翼のかわりになにが進化したのか?」上田恵介監修、誠文堂新光社、2015年2月、ISBN978-4-416-11504-6、2200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20151030】
●「空を飛ばない鳥たち」上田恵介監修、誠文堂新光社

 飛ばない鳥は、走鳥類、ペンギン類、島で暮らす鳥、家禽の4つのタイプに分けられる。どうして知ってるかって? この本の最初に書いてあるんですよ。言われてみるとなるほどその通り。でも気づかなかったなぁ。
 というところから始まって、さまざまな飛ばない鳥が紹介される。普通の鳥の本ではあまり出会わない鳥が出てくるので楽しい。
 走鳥類は走り、ペンギン類は水中を飛ぶ。捕食者がいない島では飛ばなくても大丈夫。人に飼われる鳥も飛ばなくても生きていける。飛ばなくなるには理由がある。というか、理由があれば、鳥はあまり飛びたくなさそうなのが面白い。

 お薦め度:★★★  対象:鳥好きなら誰でも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]