友の会読書サークルBooks

本の紹介「狩猟始めました」

「狩猟始めました 新しい自然派ハンターの世界へ」安藤啓一・上田泰正著、ヤマケイ新書、2014年11月、ISBN978-4-06-257712-0、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20150227】
●「狩猟始めました」安藤啓一・上田泰正著、ヤマケイ新書

 狩猟者の高齢化が進み、日本の狩猟者数はどんどん減少している。その流れが変わるほどではないが、新たに狩猟者になる人も徐々に増えている。新しい狩猟者は、自然との新たな付き合い方を目指したり、食べ物のあり方について考えるなど、今までにない方向性を持っている。そうした新しい狩猟者から、狩猟について紹介した一冊。
 とにかく第1章と第2章がおすすめ。新米狩猟者が、初めての狩猟体験、そして続ける中で何に気づいていったかが描かれる。狩猟とは、殺して楽しむのではなく、食べ物調達だけでもなく、自然とのつきあい方、新たな自然を視る目を得ることなんだと分かる。
 第6章は、そこまでのちょっと楽しげな展開から、深刻な現状について書かれる。喰う事だけで獣害はなくならない。そして狩猟と獣害対策は別である。狩猟者は獣害対策のためにいるのではない。じゃあ、狩猟者はなんのために狩猟するのか。それは狩猟者によって違うのだろうが、著者の答は、第1章と第2章に書かれてるじゃないかと思う。

 お薦め度:★★★★  対象:人と自然のつきあい方、獣害問題、狩猟に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]