友の会読書サークルBooks

本の紹介「植物をたくみに操る虫たち」

「植物をたくみに操る虫たち 虫こぶ形成昆虫の魅力」徳田誠著、東海大学出版部、2016年11月、ISBN978-4-486-02097-4、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20170224】
●「植物をたくみに操る虫たち」徳田誠著、東海大学出版部

 虫こぶ研究者の半生記。高校でたまたま生物部に入ったことをきっかけに、大学の卒業研究テーマで虫こぶを選び、教鞭をとる現在に到るまでが綴られている。まえがきに、研究者を志す若い世代や、将来大学教員になる可能性のある人々を念頭に執筆とあって、研究内容とともに7つの研究室をたどって得た人との出会いや、感じたことに重きを置いて描かれている。ヤマネ(佐賀県の哺乳類では唯一の天然記念物だそう)が虫こぶのなかで眠っていることがあるらしい。見てみたいなぁ。

 お薦め度:★★  対象:研究と人生を重ねて考えたいひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]