友の会読書サークルBooks

本の紹介「死都日本」

「死都日本」石黒耀著、講談社、2002年9月、ISBN4-06-211366-X、2300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20050302】
●「死都日本」石黒耀著、講談社

 南九州に起こった大規模火砕流を伴う噴火とそれに関連した人々を描いたSF。SFとはいえ、現実に起こる可能性のある大規模火砕流や土石流などの地質学的な災害、そして噴火に伴う今日的な問題である通信障害など、いかに私たちの生活が本当の噴火災害の前に無力であるかをよく示している。
 文体や小説の構成がやや古くさい、多少の間違いがあるなんて吹き飛ばしてくれる本。読んだ人はこれをただのSFとは思わずに、地質学への興味を持って欲しい。

 お薦め度:★★★  対象:専門の地学の本は堅苦しいと思う人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]