友の会読書サークルBooks

本の紹介「湿地帯中毒」

「湿地帯中毒 身近な魚の自然史研究」中島淳著、東海大学出版部、2015年10月、ISBN978-4-486-01999-2、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160225】
●「湿地帯中毒」中島淳著、東海大学出版部

 カマツカ狂でドゼウ狂、そして湿地帯中毒患者。どれだけ危ない人なのだろうか、心配しながら読み進めたが杞憂に終わった。全編、湿地帯に暮らす生きものたちへの愛にあふれる一冊だった。子どものころから放課後は川で魚採り、夏休みは川で魚採り、冬休みも川で魚採り、合間に池や沼で水生昆虫採集。大学ではカマツカの生活史研究、そしてシマドジョウの分類学的研究。著者の半生はどっぷり湿地帯に沈んでいる。シマドジョウの章では、その多くが絶滅に瀕した状況であり、新種記載が保全のためにも求められていることが紹介される。身近に湿地帯があれば、今後も湿地帯中毒患者は発現するであろう。声を出せない生きものたちの代弁者として、その背負うところは大きいのである。

 お薦め度:★★★  対象:ギョギョギョ!湿地帯中毒者の生態が気になるひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]