友の会読書サークルBooks

本の紹介「石油のものがたり」

「石油のものがたり」大河内直彦文・山福朱実絵、福音館書店たくさんのふしぎ2017年6月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20171016】
●「石油のものがたり」大河内直彦文・山福朱実絵、福音館書店たくさんのふしぎ2017年6月号

 石油について、さまざまな利用現状を紹介しながら、その生成の過程、石油の持つ問題点なども含めてあらかたの知識をざっくりとまとめている。石油についておおよそのことが知りたい子どもにはうってつけの本である。まずは、石油は自動車や飛行機などにも使われているほか、なんといっても発電に使われわたしたちのくらしを豊かにしていることを紹介している。そして、もうひとつの「顔」として日常の生活用品の原料としても多く使われていることを取りあげている。さらに、石油の発見・開発の歴史、そして、石油が生まれてくる過程はかなりくわしく書かれている。石油は海中プランクトンが火山活動や太陽エネルギーによって長く地中に閉じ込められて生まれたものと書いている。つづいて、石油資源消費による地球温暖化問題にも言及している。「石油の正体は太古の太陽エネルギーだったのだ」という言葉で締めくくっている。

 お薦め度:★★★  対象:石油に興味のある子ども


[トップページ][本の紹介][会合の記録]