友の会読書サークルBooks

本の紹介「世界の深海魚 最驚50」

「世界の深海魚 最驚50」北村雄一著、ソフトバンククリエイティブ、2014年3月、ISBN978-4-7973-5346-4、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20140616】
●「世界の深海魚 最驚50」北村雄一著、ソフトバンククリエイティブ

 最近刊行された深海魚関係の書籍は多く、それらの功績により、どんな珍奇な種類が生息しているのかについてはよく知られるようになってきたが、情報としては浅い段階で終わっていたように思う。しかし本書は、深海魚の代表的な群がいったいどのような系統に属するのか、またどのような生活をしているのか、一歩踏み込んで解説している点が新しい。まだまだ情報が乏しいためかなり想像を交えている部分はあるが、魚類のムネエソ、ワニトカゲギス、ヒメ、アカマンボウ、デメニギス、チョウチンアンコウに加え、特異な頭足類などについても、視覚、接辞、発光などを進化的視点からとらえており、深海という我々が通常見ることのできない過酷な環境で、これらの生物がいかに生活しているか、楽しく考えることのできる一冊である。

 お薦め度:★★★  対象:より深く深海生物を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]