友の会読書サークルBooks

本の紹介「雷鳥が語りかけるもの」

「雷鳥が語りかけるもの」中村浩志著、山と渓谷社、2006年9月、ISBN4-635-23006-6、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20070222】
●「雷鳥が語りかけるもの」中村浩志著、山と渓谷社

 カワラヒワ、カッコウ研究の第一人者が半世紀近くかけてたどり着いたライチョウ研究こそ、恩師羽田健三氏の生涯をかけた仕事だった。日本のライチョウの生息域は世界の最南端に位置し、その高山の自然こそ世界遺産に登録するに値すると確信するまでの著者の軌跡は、図らずも昔気質の恩師の語らずして逝った遺志を見いだす旅だったろうか。ライチョウの学名「ウサギ足のだんまり屋」が日本の高山という楽園で生き続けるための挑戦は羽田氏から著者へとバトンは受け継がれた。この本は遅ればせに届けられた恩師への詫び状のようであり、しかもライチョウ保全への思いが地熱のように脈打って心地よい。

 お薦め度:★★★★  対象:ライチョウのことを知りたい人もそうでない人もぜひ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]