友の会読書サークルBooks

本の紹介「パンダの死体はよみがえる」

「パンダの死体はよみがえる」遠藤秀紀著、ちくま新書、2005年2月、ISBN4-480-06220-3、700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20050629】
●「パンダの死体はよみがえる」遠藤秀紀著、ちくま新書

 国立科学博物館(当時)の学芸員の著者が、哺乳類の死体を引き取っては標本にし、その中でさまざまな発見をする。そうした少し変わった日常を、あふれんばかりの情熱と共に語った一冊。
 話は、ゾウの死体の解体から始まる。パンダの死体を処理しつつ、その前肢の構造について発見した話。さらにノギス1本をもって海外で調査した話や、国立科学博物館に所蔵されている標本の話へと続く。
 イントロの出だしからして「死体に幸せな未来を求めるのが、私の責務だ」。死体を前にしたときは「おまえが隠している謎は何だろうか?」と問いかける。やたらと使命感に燃え、思いこみの強そうな文章にはなじめない人もいるだろう。

 お薦め度:★★  対象:ゾウの死体の解体の様子に興味が持てれば

[トップページ][本の紹介][会合の記録]