友の会読書サークルBooks

本の紹介「おじいちゃんは水のにおいがした」

「おじいちゃんは水のにおいがした」今森光彦著、偕成社、2006年4月、ISBN4-03-016400-5、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【加納康嗣 20061113】
●「おじいちゃんは水のにおいがした」今森光彦著、偕成社

 滋賀県高島の針江にいってきた日、頼んでいた本書が届いていた。Mさんが推薦した本というので内容を確認せずに機械的に注文しておいたものだ。驚くべき偶然、まさに生水(しょうず)の郷の80歳の老漁師を取材した子ども向け写真絵本だった。体にしみ込むような湧き水の匂うような香りがそのまま紙面からあふれていた。バイカモやセキショウモの鮮やかな緑が揺れる水路、鯉やニゴイ、タナゴが泳ぐ「かばた」(コンコンと丸い井戸から清水が湧き出ている半屋内性の炊事場)。水は屋内の井戸と水路と川を巡る。水のきらめき、そよぎ、その匂いは心の奥深いところにしまいこんでいた郷愁を呼び覚ます。湖水と生きる老漁師の顔に風土の深さが漂っていた。たまらない1冊である。

 お薦め度:★★★★  対象:日本人なら誰でも。

【高田みちよ 20061027】
●「おじいちゃんは水のにおいがした」今森光彦著、偕成社

 とにかく写真が綺麗。琵琶湖にこんな綺麗な場所があったのか!というぐらい綺麗。しかしただの風景写真集と違うのはおじいちゃんの生活に密着しているところだ。風景に溶け込んだ昔ながらの船の漁だけでなく、自転車に乗ったり台所で野菜を洗ったり、買い物をしたり、昼寝をしたり・・・。おじいちゃんの日常が美しい写真になるのは、懐かしい田舎に里帰りした気分になれるからでしょうか。
 しかしおじいしゃんが刈り取っているフサモは外来種のオオフサモだし、おじいちゃんの家の近所のカタバミも外来種のイモカタバミだし、よくよくみれば、やはり琵琶湖の問題点も写っています。

 お薦め度:★★  対象:おじいちゃんに癒されたい人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]