友の会読書サークルBooks

本の紹介「日本の動物はいつどこからきたのか」

「日本の動物はいつどこからきたのか 動物地理学の挑戦」京都大学総合博物館編、岩波科学ライブラリー、2005年8月、ISBN4-00-007449-0、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20051215】
●「日本の動物はいつどこからきたのか」京都大学総合博物館編、岩波科学ライブラリー

 現在の日本の動物相がどのように成立してきたか? 京都大学の研究者13名が、このテーマに絡めて自分の研究結果を紹介。両生爬虫類、哺乳類、魚類、昆虫、二枚貝と、話題は幅広い。個々の研究の多くはとても興味深い内容。
 ただ残念なことに、一つの話題が5〜10ページと短い。とうぜんながら、自分の研究の簡単な紹介に終わっていて物足りない。そして何より物足りないのは、総合討論がないこと。各分類群についての話をただ並べるのではなく、全体として日本の動物相の成立についての考察をしたらよかったのに…。

 お薦め度:★★  対象:日本の動物に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]