友の会読書サークルBooks

本の紹介「熱帯植物 天国と地獄」

「熱帯植物 天国と地獄」清水秀男著、SCCガーデナーズ・コレクション、2002年12月、ISBN4-88647-157-9、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【瀧端真理子 20060408】
●「熱帯植物 天国と地獄」清水秀男著、SCCガーデナーズ・コレクション

 「いつでも花が楽しめるように植物を選び、展示するのがわれわれの仕事です」このさりげない一言を実現させるために、どれだけの情熱と努力が費やされていることか。
 今後一生、趣味のサボテンは仕事にすまいと心に誓い、サボテンのない熱川バナナワニ園への就職を決めた清水氏。「給料はお前のつくる植物を見て決めてやる」との先代園長の一言。自分が一番没入している植物の記事を書くときの忘我の境地。
 自分の手がけたことのない植物の執筆依頼はすべて断るという清水氏が、これまでに公表してきたライブ感の強い文章に、熱帯植物の見事なカラー写真と、玉城聡氏の手によるイラストが加わる。失敗談をも含む栽培記録や自生地訪問記、エジンバラ植物園植物目録の紹介や、巻末の世界各地の熱帯植物関連同好会ガイドなど、さまざまな連想と行動へと読者を誘うこと間違いなし。

 お薦め度:★★★★  対象:植物愛好家なら誰でも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]