友の会読書サークルBooks

本の紹介「熱帯林の恵み」

「熱帯林の恵み」渡辺弘之著、京都大学学術出版会、2007年2月、ISBN4-87698-821-8、2200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20070423】
●「熱帯林の恵み」渡辺弘之著、京都大学学術出版会

 熱帯林がもたらす物産とそれに根づいた現地の文化が、熱帯アジア渡航暦70回の著者の経験に基づいて紹介されている。日本でも身近にあるシナモンやガムの原料がどうやって作られるかといったことから、ミャンマーのお化粧や漬物茶のようなまったく日本では想像もできないトリビア物まで話題は様々である。紙数の半分近くを占める写真が理解を助けてくれる。もし熱帯アジアに行く機会があれば本書の内容を知っていると随分役立つだろうと思う。

 お薦め度:★★★  対象:熱帯アジアに興味を持っている人はだれでも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]