友の会読書サークルBooks

本の紹介「なぜイノシシは増え、コウノトリは減ったのか」

「なぜイノシシは増え、コウノトリは減ったのか」平田剛士著、平凡社新書、2007年3月、ISBN4-582-85365-X、740円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【魚住敏治 20070627】
●「なぜイノシシは増え、コウノトリは減ったのか」平田剛士著、平凡社新書

 動物との共存の方法論を示してくれたり、原因究明するための本ではありません。で全国色々な地域でおこっている問題を、バランスよく紹介してくれていますし、それぞれのケースについて、どのような取組がなされているか、成果はあがっているのか、問題点は、どの方向に進もうとしているのかなどが、ざっと理解できます。
 文章は読みやすく、それぞれの章の関連もはっきりしていて、筆者の述べているフィードバック管理の重要さもよくわかります。その意味ではおすすめ本です。
 でも最後まで読んで、なんとなく違和感を覚えるのは、価値観が最初にあって書かれていて、やはり記事だという感じがするからでしょうか。

 お薦め度:★★★  対象:高校生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]