友の会読書サークルBooks

本の紹介「ナメクジの言い分」

「ナメクジの言い分」足立則夫著、岩波科学ライブラリー、2012年10月、ISBN978-4-00-029598-7、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20121219】
●「ナメクジの言い分」足立則夫著、岩波科学ライブラリー

 「ナメクジの言い分」というタイトルと、岩波科学ライブラリーだからと惹かれて手にとったが、読後感が残らない。作者は、元新聞記者で、文章はわかりやすいけれど、いかんせん専門的でもないし、ナメクジのことを総花的に集めた事典でもない。目撃情報からのナメクジマップといっても、知り合いに頼んだだけという印象が拭えず、文学作品に出てくるナメクジを紹介するといっても、ごく一部しか拾っていないじゃないかと思ってしまう。元記者なら、もっと自分の疑問を突き進み、実験するとか、取材するとか、ナメクジのことをつきつめ分かる喜びを伝えてほしい。せっかくおもしろい題材なのに、残念。

 お薦め度:★★  対象:科学的なエッセイをどう書けばいいのに。考えたい人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]