友の会読書サークルBooks

本の紹介「森のねずみの生態学」

「森のねずみの生態学 個体数変動の謎を探る」齊藤隆著、京都大学学術出版会、ISBN4-87698-320-8、2300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20020221】
●「森のねずみの生態学」齊藤隆著、京都大学学術出版会

 日本の個体群生態学の、そしてエゾヤチネズミ研究の第一人者である著者による、エゾヤチネズミの個体群動態についての本。学生時代から現在までの著者の研究史にもなっており、個体群生態学の入門書としても使える。
 金鉱とまで称され、世界に冠たる50年以上にわたる北海道のエゾヤチネズミのデータの分析結果は圧巻。残念なのは、エゾヤチネズミのサイクル変動についての著者自身の考えが示されなかったこと。それが、この本を未完のように思わせている。

 お薦め度:★★★  対象:個体群生態学に興味のある人、一線級の研究者のでき方に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]