友の会読書サークルBooks

本の紹介「ミミズと土」

「ミミズと土」チャールズ・ダーウィン著、平凡社ライブラリー、1994年6月、ISBN4-582-76056-2、1165円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【石田惣 20061222】
●「ミミズと土」チャールズ・ダーウィン著、平凡社ライブラリー

 ダーウィンが亡くなる前年の1881年、彼が最後に書き上げた本の主題は「ミミズと土」。彼の鋭い観察眼は、まずミミズの消化器官の図解からはじまる。その眼は少しずつズームアウトする。ミミズが餌を食べ、糞を出し、地表にたまり、遺跡を埋め、さらに土壌を侵食し・・・ちっぽけなミミズが、実は長い年月を経て陸上の景観形成に貢献していることを、40年にわたる観察から丹念に推論する。つまり、これは単なるミミズのモノグラフではない。地球史をライフワークとした彼が、ミミズの糞からその解明を試みたという、研究の集大成といえる。果たして現代の生物学者は、こんな縦横な視点を持つ遺作をものせるだろうか。あらゆる学問が細分化し、ごく短期間で成果を求めようとする今日、本書は決して古典ではなく、むしろ新鮮な輝きを誇っている。

 お薦め度:★★★  対象:福音館の「ダーウィンのミミズの研究」を読んで興味を持った人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]