友の会読書サークルBooks

本の紹介「ミジンコはすごい!」

「ミジンコはすごい!」花里孝幸著、岩波ジュニア新書、2006年4月、ISBN4-00-500532-2、780円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20061020】
●「ミジンコはすごい!」花里孝幸著、岩波ジュニア新書

 ミジンコの研究者である著者が、自身の研究成果を豊富に交えて、ミジンコを紹介した本。出だしのミジンコの頭が尖る話でつかみはOK。あとは、湖沼に生息する植物プランクトン、他の動物プランクトン、魚を交えて、ミジンコを中心とする湖沼の複雑な生物間の関係が描き出される。ミジンコの生活を含めて、わかりやすく説明され、眼からたくさんの鱗が落ちるはず。
 もともと魚がいなかった湖沼への、魚の移入が、ミジンコを減らし、藻類の増加を招き、結果として湖の透明度が下がったという話は、多くの人にインパクトがあるだろう。そこに魚食魚を放すことで、結果として湖の透明度が上がったという実験結果も興味深い。しかし、ブラックバスなど外来の魚食魚を放すことのマイナス効果が充分には説明されていないのは残念。この本を読んで、短絡した人が、水質浄化という錦の御旗を上げて、あちこちの池にブラックバスを放さないように願うばかり。

 お薦め度:★★★  対象:ミジンコの何がすごいねん、と思った人。あるいは群集生態学に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]