友の会読書サークルBooks

本の紹介「身近な鳥の生活図鑑」

「身近な鳥の生活図鑑」三上修著、ちくま新書、2015年12月、ISBN978-4-480-06859-0、940円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20160514】
●「身近な鳥の生活図鑑」三上修著、ちくま新書

 スズメの研究で知られる著者が、町で生きる鳥を紹介した一冊。「鳥にとって町はどんなところか?」を語った第1章に続き、スズメ、ハト、カラスが、それぞれ1章ずつかけて紹介される。基本的な生態と町での暮らしを紹介すると共に、スズメは減っているかどうか、ドバトのルーツ、ドバトとキジバトの違い、ハシボソガラスとハシブトガラスの違いなどのテーマが取り上げられる。ツバメ、ハクセキレイ、コゲラにも少しふれた後、鳥と人のさまざまな軋轢、餌やりや飼育といった問題について、著者の考えが述べられる。何事にも良い面と悪い面があるから、なんでもほどほどにという著者の考えに異存を唱える人は少なそう。説明の仕方が上手で、とても読みやすい。

 お薦め度:★★★  対象:スズメやハトやカラスを知りたい人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]