友の会読書サークルBooks

本の紹介「マグマの地球科学」

「マグマの地球科学 火山の下で何が起きているか」鎌田浩毅著、中公新書、2008年12月、ISBN978-4-12-101978-3、860円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20100123】
●「マグマの地球科学」鎌田浩毅著、中公新書

 火山学を専門とし教育にも関心を持つ著者が、マグマとそれにまつわる地球上の諸現象について、とても分かりやすく解説した本である。「火山学入門書」とはいうものの、最新の科学研究の成果も取り入れられて興味深い内容が並ぶ。
 最初は、世界と日本の火山学の歴史を説きながら、ウェゲナーの大陸移動説からプレートテクトニクス論へ、そして地球上の火山活動から、マグマの起源、マグマの種類、火山の熱源や火山エネルギーの話へとすすむ。
 所々に挿入されているコラム欄は、生きた地球の話として、より親しみが増す。著者の授業体験談もいい。〈雲仙火山〉の最新研究成果や〈ちきゅう号〉の裏話もおもしろい。近くに火山がないのに湯が出ている有馬や紀伊半島の温泉の話も興味深い。

 お薦め度:★★★★  対象:地球に興味と関心ある方すべて(高校生以上)

[トップページ][本の紹介][会合の記録]