友の会読書サークルBooks

本の紹介「MAKINO」

「MAKINO」高知新聞社編、北隆館、2014年2月、ISBN978-4-8326-0979-2、2200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20140821】
●「MAKINO」高知新聞社編、北隆館

 黎明期の日本の植物分類学に華々しい足跡を残した牧野富太郎の評伝である。2012年に地元高知新聞で連載された「生誕150年 牧野富太郎を歩く」の記念出版だ。
 南国高知の一地方の植物の記載に端を発し、日本の植物を分類記載する!という野望に生涯を投じた。牧野の80年近い年月の汗と猛進する情熱と緻密な手作業の集積が累々と残された。「牧野植物図鑑」は未だに植物学のバイブルである。自ら各地を訪ねて集めに集めた標本40万点、研究資金の借金も積もり積もってうん億円、取り立てに追われて引っ越し30回以上、生まれた子どもは13人、草木を枕に名づけた植物が1500。華やかな経歴の裏に隠されたエピソードも事欠かない。好きを真正直に生き通した愛すべき巨人MAKINOの桁外れの生涯に出会える本だ。

 お薦め度:★★★  対象:情熱の誕生を目撃したい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]