友の会読書サークルBooks

本の紹介「京もキノコ!一期一絵」

「京もキノコ!一期一絵」高山栄著、京都新聞出版センター、2009年7月、ISBN978-4-7638-0625-3、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20091216】
●「京もキノコ!一期一絵」高山栄著、京都新聞出版センター

 著者は、年間百数十回も山にキノコを採りに行くらしい。著者は、最低でも1日1枚はキノコの絵を描くらしい。そして著者は、40年以上にわたってキノコの絵を描き続けてきているらしい。数多くのキノコの絵本や図鑑に絵を提供している著者は、ただの絵の好きなおじさんではなく、アマチュア研究者としての側面もあるらしい。でもこの本は、むしろ、きわめてストロングなキノコ狩りおじさんという側面が色濃く出ている。
 キノコを1種ずつ取り上げ、自身の絵に、キノコについての解説が付けられている。生物学の解説もまじえつつ、キノコ狩りのこぼれ話しや食べ方の話がたくさん混じる解説は、とても面白い。年間百数十回もキノコを採りに行くというのは伊達ではない。
 これを読んだら、トリュフなど地面の下に隠れているキノコを採りに行きたくなる。今度チチタケを採ったら、肉ジャガに入れてみようと思う。おじさんに負けじとササクレヒトヨタケを味見してみた。とても美味しかった。

 お薦め度:★★★  対象:キノコ好き、あるいはキノコ狩りに興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]