友の会読書サークルBooks

本の紹介「巨大地震の科学と防災」

「巨大地震の科学と防災」金森博雄著、朝日選書、2013年12月、ISBN978-4-02-263012-4、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20140417】
●「巨大地震の科学と防災」金森博雄著、朝日選書

 世界的な地震学者金森博雄氏にインタビューした話をまとめた本だが、金森氏の仕事や主張がよくまとめられている。金森氏は、長くアメリカにいて世界の地震学者と研究を共にした。金森氏はP波、S波だけでなしにすべての地震波を地震エネルギーとしてとらえ「モーメントマグニチュード」という概念を確立した。これは今では世界的なモーメントの基準になっている。2011年の東北大地震の時、気象庁は従来のマグニチュードで試算して大津波の発生を予言できなかった。金森氏は、大きな津波を引き起こす「津波地震」震源地の存在も明らかにした。その他、金森氏らが観測している長周期地震の解明は高層ビルなどの防災に生かされ始めている。また、「リアルタイム地震学」を提唱し、地震発生をより早く市民に知らせるシステム作りにも貢献している。従来の地震学の枠を超えた、科学と防災の地震学の現状がわかりやすくまとめられている。

 お薦め度:★★★★  対象:現代地震学に関心のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]