友の会読書サークルBooks

本の紹介「草山の語る近世」

「草山の語る近世」水本邦彦著、山川出版社、2003年7月、ISBN978-4-634-54520-5、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20111221】
●「草山の語る近世」水本邦彦著、山川出版社

 第1章「野火と草山」は、「近世の春は山火事の季節だった。」という文章で始まる。草山は、田畑の肥料としての青草の源としての必然であり、山火事の原因は青草の生育を目的とした野火・山焼きであったと、著者は説く。人間と山野の関わりについて、里山の意義が再発見され共生を謳う立場や、逆に近代工業による自然破壊を断罪する立場がある。本書は、変遷する人間の山野への関わりの一面として近世の草山をとりあげ、これらの文明論を再考する機会を与えてくれる本である。

 お薦め度:★★★  対象:人間と山野の関わりについて深く知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]