友の会読書サークルBooks

本の紹介「闇の釣り師グローワーム」

「闇の釣り師グローワーム」小原嘉明文・石森愛彦絵、福音館書店たくさんのふしぎ2015年1月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20150417】
●「闇の釣り師グローワーム」小原嘉明文・石森愛彦絵、福音館書店たくさんのふしぎ2015年1月号

 グローワームは、ヒカリキノコバエの幼虫。オーストラリアとニュージーランドの洞穴にすむ光る虫。洞穴の天井から糸でぶら下がった先に巣をつくり、さらに20-40本の糸を垂らす。糸にはネバネバ玉がたくさんついていて、光につられて近づいてきて、これに引っ付いた虫を食べるらしい。
 この本では、著者がニュージーランドでグローワームを調べた結果を紹介。といっても、洞穴で調べたのではなく、実験室で飼育しての観察。巣をつくらせて、糸を垂らさせて、糸に引っ付いた虫をどのように食べるかをいろいろと実験して調べる。糸に小さい玉がついた絵が並ぶ。

 お薦め度:★★  対象:タイトルが気になったら

[トップページ][本の紹介][会合の記録]