友の会読書サークルBooks

本の紹介「クモと糸」

「クモと糸」池田博明文・荒川暢絵、福音館書店たくさんのふしぎ2015年3月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20150414】
●「クモと糸」池田博明文・荒川暢絵、福音館書店たくさんのふしぎ2015年3月号

 街の中で大きな蝶やトンボ、カブトムシを見つける事はできないけれど、クモは私たちの暮しの近くにもいるんだよと教えてくれる。ほら!あなたの足元! さっき通った道の植え込みの中にも、あなたの家の中にも…。
 優しいタッチのイラストでひとりの女の子の行動を追いながら、いろいろな場所で、その環境に適応した生き方をするクモを登場させている。糸を張り巡らせて獲物を待ち構えるクモには残忍なイメージがあったが、とても臆病だから、こっそり隠れているんだという言葉に驚いた。クモもイラストで描かれているので、じっと見ていられる。この本でクモに興味をもった人に「クモの巣図鑑」(偕成社)をお薦めしたい。

 お薦め度:★★★  対象:都会にはムシなんていないよ!と言い切る人に。ハエトリグモが怖い我が息子に。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]