友の会読書サークルBooks

本の紹介「クマが樹に登ると」

「クマが樹に登ると クマからはじまる森のつながり」小池伸介著、東海大学出版会、2013年9月、ISBN978-4-486-01993-0、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20131130】
●「クマが樹に登ると」小池伸介著、東海大学出版会

 クマの研究を始めた当初、著者はクマの糞を集め、食性解析を行っていたが、その種類によって原型が残っていたりいなかったりで、きちんとした食性解析は困難であった。しかし、残っている種子に目を向けると、クマの種子散布者としての面が浮かび上がってきた。種の判定のため糞中の各種の種子を発芽させて識別する、どの成熟度の種子をクマが食べるか個々の果実に標識をつける、外果皮色と糖度の関係を測定する、クマ以外にもどのような動物が果実を食べにくるのか自動撮影で確認する、動物園のクマに種子を食べさせて体内滞留時間を測定する、GPSテレメトリーによるクマの移動距離から種子の散布距離を推定する、更に、糞として散布された種子がどのような運命をたどるか、二次散布者としての糞虫を調査する・・・など、多面的に解析していく地道なフィールド調査の過程が本書には詰め込まれている。

 お薦め度:★★★  対象:フィールド調査のアプローチに興味がある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]