友の会読書サークルBooks

本の紹介「昆虫の体重測定」

「昆虫の体重測定」吉谷昭憲著、福音館書店たくさんのふしぎ2016年4月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20160619】
●「昆虫の体重測定」吉谷昭憲著、福音館書店たくさんのふしぎ2016年4月号

 ふつうは1gにも満たない小さな昆虫の重さを、いろいろ工夫しながら量っていく記録が書かれている。まずはテントウムシを電子天びんの上にのせると…、トコトコと歩いてあっという間に飛び立ってしまう。そこで一工夫。透明なビニール袋にテントウムシを入れて重さを量り直すと…、0.4801gと出た。袋の重さを差し引いて、テントウムシの重さは0.05gである。次はもっと軽いヤブカの重さを量る。714匹のヤブカと1円玉が釣り合っているイラストが印象的である。反対に一番重そうなカブトムシの重さを量ると…、なんと10gもあるとか。さすが、昆虫の横綱である。長距離を移動するアサギマダラはうんと軽くできている。昆虫の体も、「体重」という目で見ていくといろいろ違った視点が見えておもしろい。

 お薦め度:★★★★  対象:虫好きの人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]