友の会読書サークルBooks

本の紹介「苔の話」

「苔の話 小さな植物の知られざる生態」秋山弘之著、中公新書、2004年10月、ISBN4-12-101769-2、780円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【田中久美子 20050224】
●「苔の話」秋山弘之著、中公新書

 身近にいっぱいいるのに、わかってるようでわからない。“コケ”というだけですませてきたけれど、この本を読んでみると、なかなかユニークでしたたかな存在だということが解かる。根がないというのも初めて知った。極寒や熱帯にもそれなりに適応し、乾燥に対しては休眠という手段で乗りきる。水分が補給されれば生きかえる。その保水能力が森を育んでくれる。それ以外にも、コケの生態や楽しみ方がいっぱい。コケッてエライ! コケッてすごい! コケのことを見直す1冊です。

 お薦め度:★★★★  対象:身近な自然を見直してみようという人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]