友の会読書サークルBooks

本の紹介「建築する動物たち」

「建築する動物たち」マイク・ハンセル著、青土社、2009年8月、ISBN978-4-7917-6485-3、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20120824】
●「建築する動物たち」マイク・ハンセル著、青土社

 著者は鳥の巣の本を書いてる人で、てっきり鳥屋だと思っていた。鳥の巣だけじゃなく動物の建造物全般に興味のある人だったらしい。鳥の巣、虫の巣、ビーバーのダムなどなど、さまざまな動物の建造物が紹介される。
 「つくり手たち」は、圧倒的に節足動物と脊椎動物。「つくり手は世界を変える」地形や環境を変える。しかし「つくり手に脳はいらない」。そして「ここの責任者は誰だ?」責任者はいない。鳥の巣の進化から、罠づくり、道具使用、最後には美的感覚の進化まで。話は幅広い。動物の建造物つながりで、こんなに話がふくらむんだなぁ、って感じ。

 お薦め度:★★★  対象:延長された表現型に興味のある人には特に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]