友の会読書サークルBooks

本の紹介「経度への挑戦」

「経度への挑戦 一秒にかけた四百年」デーヴァ・ソベル著、翔泳社、1997年7月、ISBN4-88135-505-8、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20061207】
●「経度への挑戦」デーヴァ・ソベル著、翔泳社

 18世紀中頃までは,航行中に方向を誤って遭難する船が相次いだ。自船の経緯度が正確につかめないからだった。緯度は星の観測や羅針盤(方位磁石)でおよその見当は付く。問題は〈経度〉。海の上で〈経度を知る〉のは至難の技だ。ガリレオやニュートン,フックといった著名な科学者も加わっての天文学的手法はついに失敗。この難問を解決したのは,一時計職人ジョンハリソンの作った機械時計であった。そこへいくまでの人間ドラマも加わって興味をさそう読み物になっている。文章も流暢である。

 お薦め度:★★★★  対象:知識欲旺盛な大人のみなさん

[トップページ][本の紹介][会合の記録]