友の会読書サークルBooks

本の紹介「カラスの教科書」

「カラスの教科書」松原始著、雷鳥社、2012年12月、ISBN978-4-8441-3634-7、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20130422】
●「カラスの教科書」松原始著、雷鳥社

 「ゴミを荒らす」とか「怖い」「襲われそう」などと嫌われモノのカラスだが、そのカラスが趣味とまで言う、自らを“カラスばか”と称する著者による、まさしく“カラスの教科書”。
 カラスの行動を人に例える表現には思わずニンマリしてしまう。高校の教科書を意識したようなソフトカバーの装丁もご愛嬌。マンガ風イラストも笑える。この分厚さと読み応えで1600円とはお安いが、自分の書棚に並べるには、ちょっと邪魔かな?
 カラスの行動もさることながら、それを観察している著者を観察してみたい。きっと、一般人からはヘンな人に見えるんだろうなぁ…
 街中でカラスは身近な生き物だから、ヘンな人に見られても、じっくりカラスを観察してみたいと思った。

 お薦め度:★★★★  対象:カラス好きに、都市の生き物に興味のある人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]