友の会読書サークルBooks

本の紹介「カラス、なぜ襲う」

「カラス、なぜ襲う 都市に棲む野生」松田道生著、河出書房新社、ISBN4-309-25126-9、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20030424】
●「カラス、なぜ襲う」松田道生著、河出書房新社

 東京を中心に、都市で生活するカラスの生活を紹介。都市のカラスについての本はいくつもあるが、文句なしに一番の内容。とくに必ず引用先を明示し、できる限りデータに基づいて話を進めようとする姿勢に好感が持てる。また、いろんな文献が引用されているので、さらにカラスについて調べるにも役に立つ一冊。
 ただし、議論が東京の状況に終始している点がとても気になる。大阪と東京では、同じハシブトガラスでもずいぶん様子が違う。たとえば、大阪でも、人の多い公園の樹の上でカラスが盛んに繁殖しているのに、めったに人を襲わない。この違いをもっと検討して欲しかった。
 
 お薦め度:★★★  対象:カラスの生態のみならず、都市の自然に興味のある人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]