友の会読書サークルBooks

本の紹介「環境考古学への招待」

「環境考古学への招待 発掘からわかる食・トイレ・戦争」松井章著、岩波新書、2005年1月、ISBN4-00-430930-1、740円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20050901】
●「環境考古学への招待」松井章著、岩波新書

 考古学といえば古墳から出る土器や装飾品、建造物跡などが脚光を浴びるが、これらをいくら見ていても当時の人々の生活はわからない。著者は動物考古学という専門から、動物や魚の骨のみならず、DNA解析からトイレの遺構発掘まで、過去の人々の生活を遺跡から甦らせる。博物館に展示している装飾品を見るよりも、とても活き活きした考古学である。
 しかし、新聞連載を元にしたこともあって、話の掘り下げが足らなかったり、急な展開があったりするのは仕方のないところか。

 お薦め度:★★★  対象:違った切り口の考古学を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]