友の会読書サークルBooks

本の紹介「地震の日本史」

「地震の日本史 大地は何を語るのか」寒川旭著、中公新書、2007年11月、ISBN978-4-12-101922-6 、800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20081224】
●「地震の日本史」寒川旭著、中公新書

 縄文時代から現代に至るまでの地震の記録を細かく集大成している。縄文〜古墳時代は、著者の専門である遺跡での「地震痕跡」の記録を読み解く無味乾燥な記述であるが、飛鳥、平安の時代からは書物や古文書の資料をもとに、当時の被災の実際が臨場感を持って紹介されている。こんなにも地震があったのかと改めて思い知らされる。
 海溝型地震での津波の被害については、863年の陸奥国地震の時からその恐しさが各所で記載されている。「稲むらの火」以前、以後も、津波による被害が後をたたない教訓をこの本から生かしたい。
 少し読みにくい記述もあるが、「記録」だけ拾い読みすると興味深く読める。

 お薦め度:★★★  対象:過去の地震記録と被害実体を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]