友の会読書サークルBooks

本の紹介「磯魚の生態学」

「磯魚の生態学」奥野良之助著、創元新書、1971年9月、ISBN4-422-00014-4、680円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20051027】
●「磯魚の生態学」奥野良之助著、創元新書

 著者は水族館の飼育係から大学教官に転身した変わり種。70年代世の中は「生態系生態学」というシステム化した巨大科学が風靡していく。奥野氏の「生き物に学び問いかける学問をしよう」はまさに対極の微小科学であった。
 磯で出会う磯魚と田辺湾の漁師の岩城惣八さんが先生だ。その頃であった傷だらけのコブダイは一匹の魚にも豊かな歴史があることを、またセダカスズメダイはある場所に本当に定着している魚は他種ともおりあっていることを教えてくれた。魚の群れは同一の年令個体であり、順位もなくリーダーもいない。ブダイは朝から晩までガラモを齧り、アオブダイはサンゴを齧る、ハタンポは海の床屋を演じる。磯魚というグループは生態学的分類群で最高の段階に達したスズキ目の魚たちだ。
 世の「生態系生態学」が見捨てて来たダーウィン由来の生き物の生活を見つめる「種生態学」を彼は鮮やかに活写する。

 お薦め度:★★★★  対象:魚に興味がなくても最後まで楽しめること請け合い

[トップページ][本の紹介][会合の記録]