友の会読書サークルBooks

本の紹介「石と人間の歴史」

「石と人間の歴史 地の恵みと文化」蟹澤聰史著、中公新書、ISBN978-4-12-102081-9、2010年11月、820円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20110419】
●「石と人間の歴史」蟹澤聰史著、中公新書

 石と人間のつきあいは250万年前に遡る。最初の人類ホモ・ハピリスが石を打ち砕き狩猟を行ったと言われている。まず石についての基礎知識を解説している。地質学者である著者が世界各地を旅行し、世界各地の地質図を示し地質学的説明と共に文化を語り、建築・彫刻に使われている岩石の来歴を語り、土木・建築の工法をも解説している。ゲーテ、宮沢賢治、シューベルトの魔笛も登場する。古い北欧の地質・鉱物資源・景観、イギリス(イングランド・スコットランドの紀元前4000年~1000年代の巨石文化、環状列石・ストーンヘンジ・トリリトン)、地中海沿岸のギリシャ・イタリアの建造物・水道橋など、中央ヨーロッパの石文化(チェコ・プラハのカレル橋、ドイツ ドレスデン聖母教会)、エジプト(ピラミッド スフィンクス)、アジア(モンゴル・カンボジア・中国)、活動帯の石(トルコ、イタリア、アメリカ)。日本の石文化(城の石垣、野の仏、磨崖仏等)や隕石など、石に関するすべてに触れている。世界地図、美術の歴史(図鑑)、岩石図鑑を見ながら読むと一層楽しめる。

 お薦め度:★★★★  対象:科学も文化も愛する方へ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]