友の会読書サークルBooks

本の紹介「犬のココロをよむ」

「犬のココロをよむ 伴侶動物学からわかること」菊水健史・永澤美保著、岩波科学ライブラリー、2012年11月、ISBN978-4-00-029599-4、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋智恵子 20130628】
●「犬のココロをよむ」菊水健史・永澤美保著、岩波科学ライブラリー

 イヌを飼っている人はみんな思っているのではないだろうか。自分んちのイヌはどこのイヌよりもかわいいと。毎日顔を合わすからという愛着はもちろん、ココロがつながっていると感じる瞬間に、ああコイツはかわいいなあと感じる。伴侶として長く人と関わって来たそんなイヌのココロを、実験を通したイヌの行動や視線などによって解き明かす。実験は、試せそうな簡単なものばかり。飼育本ではない、こういうタイプの本を読んだことがなかったので、「なるほど」が多かった。そういえば、ヒトがいるときには、自分で開けられる戸の前で、開けられないふりしてじっと顔を見て催促することがあったなあ。あれは、交互凝視というのかなどと、日頃のイヌの行動・表情を思い出し、にんまりできた。

 お薦め度:★★★  対象:動物が好きな人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]