友の会読書サークルBooks

本の紹介「漂着物学入門」

「漂着物学入門 黒潮のメッセージを読む」中西弘樹著、平凡社新書、ISBN4-582-85025-1、680円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【光田知恵子 20021030】
●「漂着物学入門」中西弘樹著、平凡社新書

 海へ行くと思わず拾ってしまうものがある。ビーチグラスといわれるガラスの破片である。波にもまれて無数の傷を受けたガラスは、半透明になり、美しく色のついた石のようになる。私の場合は、ただそれを集めているだけであるが、本書の著者は漂着物が何を表しているのか科学している。海流による植物の種子散布や虫の移動、人の暮らしと文化、海洋汚染の問題など、漂着物から広がる話題は多岐に広がる。長年重ねられた研究の成果だからわかる、人間と環境の変化、守るべき海岸の存在も見えてくる。本書を読んだ後、海岸を歩けば、「漂着物は海流の落とし子」という著者の気持ちがわかることだろう。
 
 お薦め度:★★★  対象:中学生以上、海へ行く前に


[トップページ][本の紹介][会合の記録]